あわせて読みたい あわせて読みたいブログパーツ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
qrcode
sony
こだわりのモノ。 モノ・マガジン オンライン
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | PAGE TOP↑
炎上
category: private | author: Christina
 こんなに放置しているブログでも
一日100以上のアクセスがあったりするので、
「あわせて読みたい」はすごいな〜なんて常々感じます。ほんとですよ?

さて、前々から「次の記事はなんでブログを書かなくなったか、を書こう」
と決めていた高崎でしたが、ちょっと前に書きかけてみたら、
結構長めになって最後はもうみんな離脱しまくっているんじゃないか
と容易に予想できたので、そのまま遊びに行ってしまいました。

今日は、突然「炎上」ということについて言及したくなりましたので
書いてみます。

そもそも、私は仕事柄コラムなどを書いたりすることがあるのですが、
どうも「炎上」の可能性を含む要素が入ってはいけないようです。
会社のコラムだけではなく、お客さんでCGMはやりたいけど炎上が・・
と言っているところも多いですよね。

じゃあそもそも「炎上」とはなんでしょうか?

高崎が解釈するに、
「ある意見に対して反対の(特に言い回しがきつい)意見が複数書き込まれること」
でしょうか。

じゃあ、なぜそんなことが起きるのか?

答えは簡単、人間はみんな価値観が違うからです。

多数決はとっても合理的なので、現実的に採用されることが多いですが、
例えば人と意見が違うことは間違っていたり、悪いことじゃないですよね。
なのに、多数決合理主義が染み付きすぎたのか、
反対意見が出るのは悪いことだと思っちゃう人が多いんですねー。

これが、「炎上はしちゃいけない」と思う人の根本的原因かな、と思います。

さらに、もう一つ。

例えば野球中継を見ていてあなたのお父さんが
「バカヤロー松中ちゃんとボール見らんかい!」
と野次ったことありません?

リアル社会では野次もアンチも陰口も普通です。
「うちの上司が・・」「あそこの奥さん・・」「こないだスーパーの店員さん・・」
でもそんなの誰も咎めません。
もちろん、みんな仲良くが一番理想の世界ですがw
こういうのが人間です。

ところが、リアル社会ではOKだったものが、
ネットだととたんに「炎上」という名前を持って悪とされますね。

それはひとえに、発言が視覚化されたというだけなのに。

書き込みは、目で見えるものです。
そして、リアル社会での会話と違い、
発言した時間以降にもそこに残るものです。

でも、たったそれだけの違いです。

百聞は一見にしかずといいますが、つくづく
日本人は見た目に弱いよなーと感じます。


私たちが「炎上」と呼んでいるものは
リアル社会の普段の会話に過ぎないことがわかりますでしょうか。
それ考えると、いいコメントばかりで固められた記事は信用できない
と人が潜在的に思ってしまうのは当然ですよね。

つまり、炎上することを恐れて発言を調整しないで、
ひいては「炎上」しているなんて思わないで。
むしろ、色んな意見が聞けておもしろいじゃんぐらいに!
となぜか突然思い立ってみたわけです。

いかがですか?

comments(33) | trackbacks(44) | PAGE TOP↑
★拡張現実(AR)★
category: IT | author: Christina
長い間ブログを放置していてすみません。
かれこれ10ヶ月ですかね。
そんな中でも訪ねてくださったり、
「ブログ書いてないね」と言ってくださったりした皆様
ありがとうございました。
これからはまた気が向いたときに書いていきます。

さて、2月になってしまいましたが、あけましておめでとうございました。
2009年一発目はそんな新年ネタでスタートいたします。

小さいころ、「バーチャル」という言葉には
3Dで飛び出すメガネのように、「体感できる現実でないもの」
というニュアンスがあった気がします。
なので、今のようにインターネット上の世界のことを
「バーチャル」といわれても、
もうちょっと臨場感が欲しい気がするんですよね。

で、私がはじめて見た時に「これぞまさしく“バーチャル”だ!」
と思ったものが、今回紹介する拡張現実(AR)です。

この拡張現実、今年になってにわかに(?)取り上げられ始め、
言葉を耳にした方もいらっしゃるかと思いますが、
一言で言うならば
「現実の映像に、非現実な情報を
 重ね合わせて表示(オーバーレイ)する」
というものです。

わかりにくいと思いますので、まずはコチラをご覧ください↓




これは、HAPPY NEW YEAR '09サイトで、WEBカメラを使って
マーカーと呼ばれるしるし(四角いやつ)がある年賀状を映すと、
そのマーカーに反応して、ディスプレイには
組み込まれた画像や映像などが重ねて映し出されるという仕組みです。

作成したのは、よく知られているところで挙げると
第1回 Yahoo!インターネットクリエイティブアワード2006で
グランプリを受賞した作品「まる。てん.てん・=ほし★」を作った
AID-DCCさんとkatamariさんです。

おもしろいですよね。
街を歩けば行動にあわせてバーチャル広告
というような近未来を予感させます。

その他にも多くのARがあり、ニコニコなんかでも
おもしろいものがあがっていますね。さすが・・・。

現在ARToolKitというものを使って作成されているものが主流で、
奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)の
加藤博一教授が開発したものです。

現状のWEBキャンペーンに物足りなさを感じている企業は、
使うとしたら今のうちかもしれませんね。
comments(5) | trackbacks(254) | PAGE TOP↑
★お蔵入りしたコラム★
category: IT | author: Christina
一ヶ月以上前に書いたコラム、お蔵入りしたので
自分のブログにのっけときます。

==============================================

多くの日本人が社会科で学ぶ「市場について」−−−需要と供給。

求められているものと、与えることができるもの。
この対象は、サービスを享受する者と提供する者だが、
広告代理店というポジションの人間は時として、この対象を忘れがちである。

商品を提供するメーカーと、消費者の間に立つ存在であるからだ。

キャッシュフローから、広告代理店はクライアントの要望をかなえることが
第一優先になることが多く、消費者を理解しない広告プロモーションを行う場合もある。

最たる例が、クライアントの内部事情を丸呑みした提案である。
「いついつまでにアクセスどれだけ」「今期目標のコンバージョン数が未達に終わらない施策」

もちろん、ゴールを比較検討できる“数値”に設定することは、
検証する上で絶対に必要だ。しかし、数値だけが目的になっている。
そして、「獲得するための広告展開」を目指して、広告枠を選びクリエイティブを作る。

結果、目標数値をクリアすればその提案は評価され、未達に終われば枠やクリエイティブの検証をする。

しかし、肝心な消費者のことが抜けている。

いくつかの媒体社が素晴らしいなと思うのは、抱えている会員の心情を考えていることだ。
広告において、商品名を明かさない「ここをクリック!」だけのコピーや、
OSのダイアログを模したバナーを禁止するレギュレーションは、
クリックした後きちんとメリットを享受する会員が多いか?
を考えた結果であり、会員を大切にしている様が感じられる。

確かに、訪れた先に欲しいものがある人だけが、訪れてよかった人なのである。

「欲しいもの」とは最終的に販売する商品に限っているわけではない。
例えばその企業の姿勢だったり、サイトの素敵なカラーだったり、
使われている芸能人の画像だったり、一行のショルダーコピーかもしれない。
そういった、訪れたときに「おっ」と思う感動ポイントを
享受して初めて、ユーザーはそのサイトに来たメリットがある。

そう考えると、誘導すること、つまりユーザーのクリックを目的にするのが
とてもナンセンスだということがわかる。

目的に据えるべきは、クリックしたユーザーが感動を得ることである。

広告代理店の領域じゃないって?
それは間違い。
そして経営コンサルティングのように、プロダクトメイキングから口を出せという意味でもない。

我々がすべきなのは、そのクライアントのどこに感動ポイントがあるかを見極めること。
その感動ポイントが、誰にぐっとくるものかを考えること。
時にはその感動ポイントをもっと前面に出しましょう!とサイトの製作を提案するべきかもしれないし
ぐっとくる対象者を引き付けるパフォーマンスも必要だ。

広告代理店は、クライアントの方だけを向いていてはいけない。
消費者を観察するには、インプレッションやクリックといった数値を見つめていてもだめだ。
それは、今より前に起こった事の結果でしかない。
今より後に消費者とのコミュニケーションを図るには、
今以降に消費者が考え、求めそうな感動を予測するべきである。

それこそが、メーカーと消費者の間に立つ広告代理店の最大のミッションではないだろうか。

そうすると必然的に、デスクに缶詰になっていては一般消費者の感動をキャッチするのに
限界があることにも気づくはずだ。
クライアントオタク、広告オタクにならないように、広告代理店の人間はもっともっと
ニュートラルな視点でいなければいけないのだから。
comments(3) | trackbacks(69) | PAGE TOP↑
★Friend-Ship Project 夫婦の絆 にマジ泣き★
category: その他 | author: Christina
ネットばっかやってテレビはBGM代わりになってるから
テレビに関しては疎い高崎です。

でも今日あまりにも素敵なCM見た。つい、今。
TVCM見てポロっときたのはいつぶりだろうなあ。

Friend-Ship Project 第3弾 夫婦の絆

テレビ東京が電通と共同でインフォマーシャルを制作する
プロジェクトだそうです。
第1弾は一年前からなんだー…知りませんでした。

新聞のCM?と思いきや、あれ?旅行?航空会社…
と思ったら指輪…?

答えは読売新聞とANAとPLATINUMのタイアップ。

昔複合広告って禁止じゃなかったっけ・・・?
高崎はマス系ではないのでよく知りませんが、
そこらへんとかどうでも良くなって
最後のこのコピーが出たときにマジ泣きしてしまいました・・

恋とか、愛とかの少し先。

素敵すぎる・・・
何がいいって大和田伸也の表情が!!

CM終わったあとに「Friend-Ship Project」で即検索。
中島信也か・・やっぱすごいな。

サイトに動画も置いてありますが、
2回目見ても泣ける・・・。

クリックを頑張らす広告をやり続けてちゃ
この発想はできないわ。
comments(0) | trackbacks(15) | PAGE TOP↑
★KeyTalksって知ってた?★
category: IT | author: Christina
ニコ動がエンベッドできるようになったのは相当嬉しい。
彼の動画をやっと貼り付けられる・・・


と思ったらニコニコ外部プレーヤー、対応するブログ選ぶの?!
もー意味ないじゃん、いっつもじゅげむ置いてけぼりだし・・・
(でもペパボが好きだから使ってる)

と思ったら、KeyTalksって台湾のニコ動みたいのが先月できて
既にエンベッド機能があったみたい。
国を超えて信者が多いというのはすばらしい。
(言葉わからんけどw)
でもボリュームのコントロールバーがないのは
ちょっと使いづらいな。



ちゃ、ちゃんと仕事してますよ・・・汗
でも既に洗脳され(ry

※しかし、こういうクリーンな緑とブルーのロゴ、
 うっすらグレーみたいなビジュアルは
 ザ★WEB2.0なんだろうか・・・
 ちょっともう飽きたよね。
comments(0) | trackbacks(5) | PAGE TOP↑
★ブロガースピンオフ会行ってきたよっ!★
category: IT | author: Christina
昨日行われた広告系ブロガー新年会のスピンオフ
参加してきました。

幹事は則天去私の市川さんうちの茶太郎さん

新年会はとにかく大規模なパーチーだったけど
今回は20名弱だったから、結構広告の話がゆっくりできた。
座って、ご飯もちゃんと食べたしw

そのなかで印象に残ったのは、
市川さんが「批判やめます」スタンスにしたって話。
確かに、あたしも見返してみると多いなー。
楽なんすよね、あら捜しって。
でも、全てのものは、それを生み出した人が
何か「生み出したい!」と思う動機を持って生んだわけだから
映画やファッションにせよサービスにせよ商品にせよ案件にせよ
なんだって素敵なところはあるんです。あ、人もね。
だって生まれてきたんだもん。
生むってすごいエネルギーだよ。

そんなわけで、ここがだめ、あそこがだめという前に
いいところを見つけて書くことが
携わる全てのものへの好循環になるし
ネガティブシンキングしがちな自分にとって鍛錬になるかな、
と思いましたー。

あと、以前総合にいらっしゃった、
Googleの葉村さん(名前出していいのかな・・)
と話してて気づいたこと。
私は最近もっぱらブランディング系の案件が多くて、
広くクライアントの商品を知らしめるためには
どうしたらいいか考えていたんだけど、
ブランドコンサル会社をはさんでGに行った葉村さんに
「でもほとんどターゲティング、マッチング広告だけで
 やっていくんだったら、ブランディングって感じじゃなくないですか?」
とおばかにも聞いてしまった。

「モノを作っただけで需要があった時代は終わったから、
 どんな人にも受ける商品をつくることじゃなくて、
 誰に支持してもらうべきかを考えることが重要。
 例えばスーツカンパニーは、安いことだけを目的にしている
 人たちだけに着てもらっても成功じゃなくて、
 SHIPSとかUAとか着る人が、でもこれもいいんだと言って
 それが広まっていくことがいい物である認識を広めるでしょ。
 だからターゲティング・マッチングはブランディングとは反しないよ。」

おっしゃるとおり。
もーあたしったら。
ブランディング=パワーインプレッションじゃあないっつーの。
まったく「広告代理店にいてもアウトプットのメディアに縛られちゃだめだ」
とかいっときながら、手法に縛られてんのは自分じゃんね。

本を読むのもいいけど、
こうやって業界の人と話しながら気づくことって
すごい残ります、ハートに。

あと、初名刺交換だった方々にも
「ブログ読んでます」
って言って頂いて・・・
しかもその後
「高崎さん更新しませんよねー」
とまで言って頂いて・・・(恥)

とにかく楽しかったっw幹事のお二人ありがとうございました♪

あと、話してない人いっぱいいたけど
またやるでしょw


参加めんばーは市川さんのこぴぺで汗

則天去私

mediologic.com/weblog

コミュニケーションのカタチが変わるということ 2nd

日刊・世界の広告クリエイティブ

脱*標準広告人

WEB-AD SEARCH

日々、広告。

Webマーケティング〜自分もいろいろ考えてるわけよ

*aYaかふぇ

Le cahier(ル・カイエ) 2

4n2nジャンクs

茶太郎のほぼ日々マーケティング



みなさんありがとうございました^^


余談:

西村さん、またまたノベルティありがとうございました!
さっそくステッカー貼ってます、PCに。

あと、締めでうちの茶太郎がテポドンを落として
すみませんでした・・
一番びっくりしたのは私(のつもり)ですよまったく・・・w
comments(5) | trackbacks(6) | PAGE TOP↑
★バレンタインにおけるロリポップとキットカットのトピックス★
category: IT | author: Christina
バレンタインですね。
今年は3年ぶりに彼氏がいます。

人生二度目で5年ぶりですかね、
バレンタインに彼氏がいるのは。
すごい非モテwwwwww

自虐のつもりですがリアル非モテに失礼なので
ここでやめときます。

しっかし毎年なんでしょうねバレンタインというやつは。
お勤めしているとぎりちょで万券飛んで行くのが
つらいですよ回収できないし。

あー女って損。

でも待つ側はメンタルがきついんですねきっと。

そんな非モテ男子の味方。
ペパボが最高におもろいキャンペーンをやってます。

アンチバレンタイン!非モテ男子は初期費半額!

非モテ男子ならロリポップサーバーレンタル費が
半額になるそうです。
そして浮いた1575円は
妹を使ってチョコを買ってきて
本命をもらった風に装えとか、
なりすましラブレターのDLとか
たくさんのレスキューが詰まったキャンペーンです。
申し込みは今日の正午から明日いっぱいまで。

プライドを捨てる覚悟がある非モテ男子は急げっ!w

ちょうどバレンタインの今日にプレゼンがある
うちの部署の男子には
私の食べかけのキットカットを渡してやりました。

キットカットといえば、うちの弟(8こ下)が受験です。
「メッセージを書き込むと合格する」
という噂が流れているようなので、
Hirokon0812さんのあげているYouTubeに記念カキコ

昨日弟が福岡から上京してきたので
飯食ってその話したら、YouTubeを知っててびっくり。
なんかリアルでそういうのに遭遇するとびっくりするんですよ。

YouTubeといえば、先月後半から
モバイルでも見れるようになりましたね。
docomoだけですけど。
ストリーミングで。
それにもびっくり。

てかモバイルってまだそんな段階?!てのにもびっくり。

デバイスが変わるとめっきり弱い高崎でしたー。

追記:
YouTubeのバレンタイン仕様ロゴがかわいすぎる。
Googleだなー。
comments(0) | trackbacks(6) | PAGE TOP↑
★仮面夫婦★
category: IT | author: Christina
ありえないくらい寒い。
最近しょっちゅう色々ありえないんだけど
一月の後半は一週間で2プレゼン3提案書作成という
殺人的スケジュールだった。
頭がごっちゃになっちゃって最後のほう意味もなく
笑い出したりしてましたよまったく。

お陰でアルツハイマーが進化して
動くたびにものを忘れるようになりました。
バッグとか人んちにまるごと忘れる。(マジで。)

で、週末はだらだらと友達んちで
Sex And The City鑑賞会(恒例)をしていたので
ブログを書きませんでしたが、
吹雪の後の積雪。
おもっきしブログ界に積もってますね、
YとMの記事。

みんなが書く記事はあんまり書かないんですけど、
これには触れとかないとかなーと思ったんで。

まず、MSのY買収は以前から水面下で進められていて
昨年の5月にNYPで取り上げられたとき
メディアはあんまりとりあってなかったというか。
「ないっしょ。」みたいな空気でした。
この時点ではGSの話なんかも出てますが。

で、500億ドルで、という情報がほぼ正しく
446億ドルという金額提示と、Yの前向きなレスによって
今回かなり話題になっているわけです。

結論から、もし買収が成立したとして、
ユーザーが感じる圧倒的な変化はあるんでしょうか。
ないと思います。

その理由は、一般消費者にとって
パソコンやモバイルといった
最先端機器(笑)の上で起こっていることは
難しすぎて、理解できていないということ。

例えばMSのあらゆるソフトウェアと、Yというポータルサイトが
かなりストレスフリーに何らかの形で連携したところで、
一般消費者にとってはそれが
パソコンの画面上で起こっていることには変わりないわけで
例えばwindowsOSを使っている人がYしか使えない状況になる
なんて独禁法的にありえないわけで。

そうなると結局パソコンの上で起こっていることは
一緒くたでしかないんじゃないかなーと
大雑把過ぎるけど思うんです。
もちろん、私たちのようにインターネットというフィールドを
メインに商売をしてる会社員はそんな風には思いませんけど。

それよりもっと異色分野の買収の方が
オリジナリティーが作れるのにね。

というのが所感 

あと、Gがこの買収に対して申し立てをしているみたいですが、
MSとYが組んだところで、競合になるんですかね。
厳密に言えば、分野的には(一部を除いて)競合ではないから、
Gがびびっていて、MSが魅力を感じているのは
スケールメリットと開発費削減だけなのかなあ、と思います。

だって、auとGREEの提携、
スケールメリット以外何か画期的な変化ありましたかね?
(いっとくけどGREEは好きですよ、個人的に。)

なんかこういうスケールメリットがメインの買収って
家柄で結婚するようなもんで、
お互い「ここが好き!」って惚れ込んだポイントがない
まるで仮面夫婦のような気がするわ・・・。

というのが所感◆

とりあえず、IT業界は交配が雑多過ぎて、
どうなってるのかついていくのが大変。。。汗

MSとYがデキちゃって、
それに嫉妬したGがAppleと合併したって
きっと首傾げはしないな。
comments(3) | trackbacks(3) | PAGE TOP↑
★広告系ブロガー新年会 いってきたよっ!!★
category: IT | author: Christina
魚民の店員さんは、この集まりが
日本で最も影響力のある広告系ブロガーの
集まりだって伝えられてたのかな?
もしそうだったとしたら店員さんは
半ギレで「すいません廊下にはでないでくださいねっっ!」
と怒鳴らなかっただろうか?

なんちゃってw

だってさーまじすごかった。

今まで会ったこともないのに
時には仕事の行き詰まりに光を指してくれたり、
時には自分の仕事に疑問を感じさせられたり、
共感したり、大切なことを気づかされたり、
私の人生に強く影響を与えた人々との
衝撃的な出会いだよ?

そりゃ何度注意されても
我を忘れて廊下に出るわい写真を撮るわい。

さながら紅白歌合戦の楽屋に
公式で招待されたJ-popファン状態。

天井にプロジェクターで映された
各自のブログ、順に紹介されて挨拶。
80〜90人の参加者で、ほぼみなさん、よく紹介しきったなぁ。


会場で偶然遭遇した
同じ会社のadvertisationこと松田くん
名古屋からよーきたなあ。また飲もうね♪


顔出しNGですか?じゃあ口元だけっ
という冗談に忠実に従いましたw
Reo Blogの渡邊さん。
とても落ち着いた方で、こんな小娘のお相手を
よくしていただきました汗


この人にはあっとかないとイケナイだろー
というADKの横山さん。
今年からスタートしたあのブログは
やっぱ彼のでした。本も読ませていただいております。
ブログのエントリーに掛けて
「“新年”あけましておめでとうございます」
と挨拶した私に笑ってくださったのがチャーミングでした。


オレンジのセーターがとても素敵な
イケダノリユキのCommunitainment Blog
の池田さん。ブログ読んでて以前から
もちろん好きだったのですが
とてもフランクに接して頂き
余計ファンになりました。


広告系ブロガー新年会の幹事、
いわずと知れた超有名人
mediologic.comのタカヒロさん。
「フライデー風に」って
こんなノってくれるんですよw最高。


もはや会社でも大辞典として使われている
広告会議の川口さん。
187cmという長身でマジかっこいい。びっくりした。
KREVAに似てます。
ご要望によりブラックラインw


同年代なのに鋭い考察と
辛目のブログでいつも参考にさせてもらってる
今日のニッパウ / CAネットトレンド研究室ブログ
の小越さん。以前河野さんの写真を載せたときに
もっと堅めにとらないとだめですよーって
言ってたらしいのですが、ちゃんとピースしてくれましたw



などなど、とにかくのせきれなーい!!
集まった名刺の価値はすごいっすw
一緒に行ったひでや茶太郎さん、ありがとう★
西村さんに根回しをしてくれたあかねちゃんありがとう♪
おかげで大好きなGノートが2冊と紙袋をもらえましたw

リンク貼ってないですが、これ以外でもたくさんの方と
お話させていただきました。

気づいたのはえらい女性が少ないことね。
予想通りだけど、たぶん5人とか?すくねーw
でも高崎は全くちやほやされませんでしたwわははw

あと、松田君がつぶやいた一言↓
「Yがいませんね。」

そうなのだ。いくらタカヒロさんが主催とはいえ
日本で最大のネットメディアである会社からの
参加者がいなかったことは非常に色々考えさせられますね。
彼らのブログメディアが失敗していることは明確だけど、
そもそもこういうとこに参加もしなくていいような
存在としてやっていくんですかね。
いやいや、参加しろってことじゃなくて
役割が違うし、こういう表現は嫌いだけど
「1.0」をこれからも固めて担ってくれるんだったら
そんままでいいんじゃないかね。
と思ったのでありました。

あと、びっくりしたのが
「高崎真琴です。ブログ名が長すぎるんで
 覚えられないと思うんですけど・・・」
と名刺交換していると、
「あ、読んでます〜」
といわれること。
超びっくりした。

かんっぜんにメモ帳、備忘録。
カテゴリ分けもめんどくてしないような
こんな個人ブログを、すごい、よくチェックしてる・・

「割と刺激的なこと書いてらっしゃいましたよね」
といわれたときには反省しきりだった。
最近、感想を手抜きしてることに。
そもそもそうだった。
ニュースサイトでは書けないような
物事への「意見」を記述していくことで
きちんと考える人間になることと、
自分の意見をジャッジしてもらうためにはじめた
ブログだったんだ。
(もともとはGREEスタートなんだけど。)

忙しい、とか会社が、とか言ったり
二次データをあげて数稼ぐような
エントリーに意味はない。

きちんと「意見」を述べていこう。
(辛辣かどうかはどうでもいいから。)
そう感じさせてもらえたことが
一番の収穫だったかな。
ベーシックなんだけどね。


で、振り返ってみるとおもしろいことに
みんな結構普通の人でしたw
スーパースター集団でも、
血の通った人間なんだなぁやっぱり。
話してみるとそう感じました。
ブログを見ているだけでは感じなかった
そういう身近さに気づいた広告系ブロガー新年会。

次回も是非参加させてください。

今度はちゃんと広告の話、しますから・・・w
(どっか借り切って立食でもいいですね。)

皆さん、本当にありがとうございました^^
comments(6) | trackbacks(12) | PAGE TOP↑
★広告系ブロガー新年会行って来ます&スレッドスライドショーブログパーツ★
category: IT | author: Christina
10日も過ぎてアレですが、
あけましておめでとうございます。

今年は料理を頑張る年にしようかな
なんて女の子っぽいことを言ってみたり、言ってみなかったり。

あ、広告系ブロガー新年会行って来ます♪
明日。
超楽しみ。
私みたいな小娘からするとレアルマドリードだもんw

連れは私のソウルメイト、ひでやくんです。
また報告します。

ブログパーツいっこ紹介。
STORY’Zというサイトのサービス「ブログダイジェスト

私はあんまり画像を貼らないので面白くないかもしれませんが
食べ物とか旅行とか、ペットとか
ビジュアルが栄えるブログにはいいかも。

それか、タイトルにあった画像を
ランダムに拾ってきてくれたらいいのになあ・・
とものぐさな高崎は考えてしまうのです。

今年もよろしくお願いします。
comments(5) | trackbacks(5) | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH

SPONSORED LINKS